コラム

春、夏、秋、冬、どの生まれ?

今や日本の四季はどこにいった?という感じですけれど、寒いか熱いか、ですよね。

さて、本日は、四柱推命の基本中の基本、干支のお話です。

例えば、私は6月(午)の夏生まれ、日干は乙未。
乙は草花を表しています。

サンサンサンと太陽が眩しく輝く夏のお花に必要なものといえば…
常に「水、水をくれ!!!!このままでは枯れはてる…(;´Д`)」状態ということになりますよね。
雨水の、癸(みずのと)LOVE!な私です。
海水の、壬(みずのえ)ならどうか?というと、塩分が効きすぎ、刺激的すぎで、やはり枯れる運命にあるのかもしれません。

皆様にとって必要なものはなんでしょうか?

「WHAT’S NEW」一覧に戻る

本当はどうしたいの?

本日は、牡牛座の太陽⇔蠍座の月 満月ですね。 誰かの、何かの、素晴らしい資質をばりばり食べて自分なりに消化し、取り入れてしまうことができたでしょうか。 小さいころはすぐにでも答えられたましたよね、以下の↓質問。 「あなたは将来何になりたいですか?」 私は漫画家とか音楽のライナーノーツを書いてみたいとか言ってたような記憶があります。 名(迷)探偵、魔女さんに憧れていた時期もありますね。 「自分の人生、どうしていきたいの?」と大人に問うと、かなりの難問になってしまうようですよね。 やりたいことがわからない、どうしていいのかわからない、どうせ自分には無理…できない、しない理由なら延々と語りつくせそうですよね。 夢はあるにはあるけれど、誰にも言えない、言ったら恥ずかしい、それは無謀だねと言われそうということでぐるぐるしてしまうこともありますよね。 ドキドキ、ギラギラ、欲しいものはきっと誰の心にもあるのだと思います。 今、本当にやりたいことはなんでしょうか? 心の赴くまま、素直に行動できたらよいですよね。

恋愛がうまくいかない?( ゚Д゚)

『告白されてつきあっても、口下手で人見知りのせいか、だんだんと冷められて、あげくのはてにふられてしまう』というパターンばかりなのはなぜ? 誰かとつきあうということは、相手に合わせるということでもあり、縛られたり、制限されたりすることもあるということですよね。 ひとりで引きこもって自由に好きなことだけをしたいのに、ぬくぬくとした空間から引っ張り出され、相手のもとに連れていかれてしまうということでもありますよね。(笑) 恋愛で幸せになるためには、自分の殻から出て、自己開示をして、相手とわかりあうために、相手に合わせるために、相手をもっと深く知るために、思い切って相手のところに飛び込むという<やりたくない、それは本当に苦手だよね>という行為をしなくてはいけないのです。 さあて、どうしましょうか? 相手に侵入されて、自分というものが割られて壊されるかもしれない危険(笑)な真実の恋愛とやらに今度こそ挑戦してみませんか?

水星さん。

「パンは太るよね」 「太るのはあなた。パンは太らない」 「(*´Д`)」 とある掲示板のやり取りに笑ってしまいました。 「さっき、頭切ってきた!すっきりした」ああ、美容院とか床屋さんに行ってきたのかな?と思えるわけですが、もしかしたら病院で手術をしたのかもしれないなどと考えてしまう人もいるということですよね。 正確に、言葉にして伝えるということは、日頃から気をつけてはおりますが、時々、どの星からきたのだね?というようなとんでもない文章になっていることがありますね。 私の場合は、水星と冥王星が90度なので、まとまらない、散らかっている、偏っている、洗練されていない(笑)知性ともいえるかもしれません。 私の水星は常に12ハウスのような混沌とした世界にでも遊びに行っているのでしょう。 Mercuryは、双子座、乙女座の支配星でもあります。 西洋占星術の出生図の天体の上に経過の水星さんが乗ると、今まで考えてきたものが具体的な言葉になって出てきたり、大いに参考になる情報を引き出してくれたりしますね。

2019年 平成から令和へ、徒然なるままに。

なんのひねりもないタイトルに苦笑しつつ、ぺんではなくキーボードを走らせます。 そういえば、大昔、ペンフレンドさんがいたなあ、中学、高校とお手紙のやりとりをした美幸ちゃんお元気かしら?などと思ってみたりする私です。 金縛りになることもなく、足がつるということもなく、実に平和な昼寝をしていたのですが、夢が壮絶でした。 13日の金曜日も真っ青な、斧を持ったからくり人形のような動きをする怖い人においかけられるという古典的なホラータッチの悪夢でございました。 誰も助けてくれないので仕方なく、逃げ回ります。 夢なので、なぜか、召喚魔法でもなく、『ぜぼっと キョウモ ウゴカナイ…すーぷ サメタ。ツクリナオシ…』 涙腺崩壊まちがいなしのあのドラクエのワンシーンが浮かんでしまうのでした。 BeatlesのHELP!でも歌うべきでした。 平成が終わるというのに、いったい私は何をやっているのでしょうか。(笑) 現在、月は、魚座にあります。フィナーレ感がありますよね。 令和になるまで、カウントダウンしていると、まるで、大晦日のような気分になりますね。 前世 今世 来世 煩悩の数だけ、鐘でもならしましょうか。 さあて、みなさま、新時代へ向かうその前に、すこし、瞑想でもしてみませんか? やりのこしたことなどはありませんでしょうか?

復縁、それとも、新しい恋?

もしこの世に存在するのなら、使ってみたいですよね、忘却の魔法。 好きだった人のことなど、いくら思い出しても報われないのなら、もう忘れてしまいたい…。 ふとした瞬間に蘇る美しく鮮やかな記憶に、幸福だったあの頃に酔いしれ、そして、苦しめられてしまうのです。 鈴蘭の花言葉は『再び幸せが訪れる』 可憐な花に秘められた想い。 復活を夢見ても、もう二度と叶わぬ恋なのだと憂い、悟る。 その花の宿す毒にあの人が惑わされてしまえばいいのだと願いましょうか。 あの頃よりさらに魅力的になったあなたを見せてあげましょうか? うっかり手放した恋がどんなに大切なものだったのか、あの人に思い知らせてあげましょうか? それとも期待できそうな新しい恋の予感に身を委ねてみましょうか。 未知なる世界に放たれた無数の恋の矢は、誰の胸に突き刺さるのでしょうか。